学童保育は東京などの都会では必ず利用すべき

UPDATE INFORMATION

学童は子どもの成長にもなる

子供同士の交流の場 東京の学童は子ども同士の交流にも良いです。今は学校が終わっても子供だけで外遊びでき…

VIEW DETAIL

東京の学童は働く母親にとってありがたい

勉強も見てくれる学童 夫婦共働きが当たり前の時代ですが、それでも子供がいれば子供の都合にあわせて動かな…

VIEW DETAIL

学童は定員制でないところもあります

定員数が決められている 子どもが小学校に通っていた頃は本当に児童館にお世話になりました。小学校のすぐそ…

VIEW DETAIL

地域で決められた学童へ

学童クラブとは、児童福祉法で放課後児童健全育成事業として位置づけられ、保護者が就労のために留守になる家庭の児童に、遊びと生活の場を提供することにより、児童の健全な育成を図ることを目的としています。各学童クラブへ申込可能な対象者は、東京都の各、区、市内に居住し、各、区、市内の小学校に通っている児童が対象になります。
また、保護者の状況が学童クラブ利用承認審査基準に該当する就労、疾病等のために昼間家庭において適切な保護をうけることができない児童。学童クラブの場所は、各区、各市によって違いがありますが、大体は、各小学校に対象の学童クラブがあります。主な対象になる学童クラブが複数ある際には、住所等で割り振られることが多いそうです。この区域に関しては各学童クラブに問い合わせればわかります。
また、私立等の小学校に通っている児童に関しては、居住地近くの児童館または学童クラブまた、居住地の小学校での学童クラブに指定されている場合は、小学校の学童クラブへの登録が必要となります。学童の料金は各学童によって違いは多少ありますが、大体同じ金額となります。やっている日、時間も多少の差はありますが、どこも大体、平日と、たまに土曜に開放している場合もあります。それぞれ問い合わせや申請については各学童クラブであるので、そちらに問い合わせしてみてください。

学童は子供への犯罪も軽減

学童保育は働く両親が学校から帰ると家にいない小学生の子供を対象に、安心して過ごすことができるようにと設けられた施設です。近年共働きが急増し、遅くまで働き詰めの親が増えているので、学童保育も大幅に増えている傾向があるようです。特に東京は、働く親がたくさんいる場所でもあるので、学童保育の数は多いです。
子供たちも学校が終わった後に同年代のお友達と遊べて楽しい時間を過ごせますし、何より危険なことに遭遇したりしないので安心できることだと思います。子供にもご両親にも安心できる場所ですので、利用者も多くいるようです。最近では、小学3年生までしか利用できなかった学童保育が、小学6年生までと原則が変更されたので、近年の小学生の犯罪に遭遇する確率が増加したことにも何らかの影響があるのではないかと考えられます。
特に東京などの都会では犯罪に遭遇する確率が上昇しますので、学童保育を利用した方がいいと言えます。まだまだ働きたいというご両親も多くいるようですから、自宅に1人でいるよりは友達と一緒に遊んだ方が学習の幅も広がりますし、適切な判断ができる指導員やスタッフが付いていますので、心配することなく安全に過ごすことができるでしょう。特にシングルマザーなどの親が1人という場合は助かる施設でもありますので、利用するといいでしょう。

当社は幼少期に必要な力(見る力・聞く力・考える力・話す力・行う力)が養われるようにきめ細かく指導にあたっています。 学童でよくある質問もご紹介しています。 受験指導は、集団学習指導と個別学習指導があります。 学童には、東京(目黒・飯田橋・自由が丘・大崎・府中)にあり、千葉、神奈川では藤沢にあります。 東京の小学校受験や幼稚園受験を控えた学童へお勧め