学童保育のメリットや身に付けられる力と託児施設の選び方

学童保育のメリットとは!?

学童保育は両親が日中一緒に居られない時に遊び場などを提供する施設のことであり、民間でもこのようなサービスを提供してくれるところはたくさんあります。現在、学生の子供がいる家庭の中には共働きをしているというところも少なくありません。旦那さんはもちろんのこと、奥さんも働かないと家庭を支えることができないケースは珍しくなく、土日祝日は一緒に居られても、平日の昼間などは一緒に過ごすことができない方もいます。前もって昼食を準備しておけば、食事を自分一人でしてもらうことができますが、一人で過ごさせることに不安を感じる親御さんも多いでしょう。そのような場合は学童保育を取り入れることで数多くのメリットを得ることができます。
メリットの一つは小さい小学生の子供が一人で家にいる時間を少なくすることができる点です。子供は学校から帰宅すると一人で過ごさなければなりません。実際に子供の中には知らない人が訪ねてきた時に、相手を確認せずに自宅の玄関の扉を開けてしまう子もいます。日本では小さい子供を狙った犯罪なども起きていて、自宅の中でも一人で長時間居させることに心配な親御さんも少なくありません。学童保育を取り入れることでそのような時間を少なくすることができるため、お子さんを気にかけることが少なく仕事に集中できる可能性があります。
その他のメリットは宿題を見てもらうことができる点です。基本的に小学校によっても異なりますが、毎日宿題を出す学校が多く、宿題は家や図書館などで行い、次の日に提出しなければなりません。しかし、宿題をやらない子供もおり、自分の力でできない子もいます。宿題を見てくれる人がいれば、やるように促したりアドバイスをすることができるため、自分の力でできない子も翌日提出することができます。
さらに、多くの子供と触れ合えることができる点もメリットです。実際に小学生は6年生まであり、学童保育を受ける子供は学年や性別に関係なく施設を利用することになります。同じ学年の子だけと触れ合う子もいますが、施設を利用することでさまざまな学年の人と会話をすることができます。
最後に生活リズムを整えることができる点もメリットの一つです。小学生が一人で過ごしているとゲームばかりをしていたり、ソファーの上でダラダラ過ごしてしまう子も珍しくありません。施設を利用することで健全な育成の教育を受けることができるため、規則正しく生活を送ることができます。

学童保育で身に付けられる力

学童保育を取り入れることで子供が身に付けられる力はたくさんあります。
身に付けられる力の一つ目として挙げられるのが観察力です。観察力は集団行動をする上で必要な力です。観察力が高い子は他の子の少しの異変にも気づける可能性があり、協調性などを高めます。実際に集団行動は学生時代だけでなく、社会に出ても必要な力になるため、幼少期から身に付けておくことで役立てられる場面はたくさんあるでしょう。
二つ目は聴く力を身につけられます。小学校から実際に学校では授業を受けて学習をスタートさせます。もし聴く力が弱いと先生が言っていることに対して理解することができない子もいます。聴く力を早い段階から身に着けることで学習の際に活用できます。疑問を持ち、その疑問を考えて解決する力は年代に関係なく人間に求められる力です。
三つ目は幼少期から考える力を身に着けることで疑問に対して積極的に挑戦する子になる可能性があります。実際に学童保育を受けることで考える力を身に着けることも可能です。
四つ目は話す力を身に着けることができます。コミュニケーション能力は人間関係を築く時や社会に出てプレゼンや営業をする時にも必要な力になります。学生時代から社会人まで話す力は必要ですが、小学生から学ぶことで相手に考えや意志を伝達させやすくなります。その他に行動力を身に着けることが可能です。

施設の選び方のポイント

学童保育を受けるためには託児サービスを提供してくれる施設を選択することになるでしょう。実際に託児サービスを提供してくれる施設はたくさんあるため、選び方のポイントを紹介します。
選び方のポイントはどのような指導を提供してくれるのか把握することです。例えば施設の中には個別学習や集団学習の指導内容が異なります。どのような指導を受けさせたいかを考えて、適切な指導を提供してくれるところを選択することが大切です。
その他の選び方のポイントは託児サービスを受けることができる時間です。実際に園児や小学生のお子さんがいる方の中には仕事をしてる方もいるため、仕事中に安全に預けられるところを選択したいという方も少なくないでしょう。託児サービスを提供してくれる時間帯はそれぞれの託児施設で異なるので、学童保育を受けさせたい時間帯に託児サービスを提供してくれる施設を選択すると安心です。