待機児童はここにもいる!

イベントなども豊富

子どもが東京の小学校に通っていた頃は本当に児童館にお世話になりました。小学校のすぐそばに併設されている児童館は午後は学童保育になります。小学1から3年生まで大勢の児童が学校終わりに学童保育に通っています。うちは学童保育は利用しなかったのですが本当にありがたいシステムだと思います。ただ最近その学童保育の預かり人数がキャパを完全に超えてしまっているという問題があります。
定員80名のところに120名の児童が通っていてもう子どもだらけなのです。場所もそれほど広い所ではないので人が多すぎて疲れてしまいそうです。実際に以前は学童保育でけん玉、お料理などイベントもやっていたのですが今はとにかく子どもを預かるだけで精いっぱいの様子です。そのため小学校の放課後子どもクラブでやっているイベントに学童のこどもが押し寄せている状態なのです。
まあ保育園と違って定員に対してそれほどシビアな規制はないにしろ、何か問題が起こったら120名通わせていることは大きな問題になりそうですよね。どの自治体も保育園の待機児童の問題ばかりをクローズアップしていますが、小学校の学童でも満足な環境で放課後を過ごせない子がたくさんいることも知ってほしいです。まだまだこれから学童保育を必要とする児童は増えると思うので対策を考えて欲しいですね。

大人の人数が重要

東京の学童を見つけるなら、大人の人数が充分足りているところや、安全に生活できるように配慮されているような学童の施設を選ぶようにもしましょう。学童の施設は古い建物や使っていない教室などを使っているようなことも多いので、壊れているものや危ないものがある可能性もあります。ですからそういった普段使っていないようなものにも安全地策がきちんとできているところを選ぶようにもしましょう。
特に高学年であれば自分で危険を回避できるようなことも多いですが、低学年であれば大人が目を離した時に怪我してしまうようなこともあるものです。ですから管理してくれる大人の人数が足りていることはもちろん、施設としても満足できるかどうかを確認しておきましょう。また、東京の学童も小学生の人数が多いところのほうが当然学童施設の数も必要になってきます。
ですから学童保育にどうしても入れたいという希望がある人はできるだけ競争率の低そうなところを選ぶというのも良いです。児童数が少ないところや勤務に不便なところのほうが学童の施設にも空きがあるということもあるので、できるだけ良い東京の学童を見つけるようにするためにも、情報集めはしっかりすると良いでしょう。